BAKUMANバクマン。

七峰透のセリフ・名言

投稿日:2019年12月30日 更新日:

「七峰徹」の画像検索結果

『バクマン。/14』著・大場つぐみ・小畑健(集英社)

◆「あっ!はい!僕です! やったぁ――――っ!

月例賞の賞獲ったんですね!

スゲ―――ッ!自信ありました!」

◆「あっ 担当さんですか!? 七峰透です ヨロシクお願いします

 お電話ありがとうございます すごく嬉しいです」

◆「そんな事言わないでくださいよ!

 僕は「ジャンプ」で連載したいんですから

 そして亜城木先生にお会いして話をするのが夢なんですから!」

◆「担当さんに怒られちゃったんで このブログ閉鎖しま―――す(^-^)っと」

◆「これからのマンガ家のマーケティングとして悪くないと思うんです!

 あっ もちろん投稿してない作品をUPするのがです」

◆(…じゃあネットに作品UPしたのは‥‥)

「はい 一か八か やって正解でしたね

作品に自身はありましたから そしてああなってしまえば

僕を放っておけなくなる」

◆「僕は編集者って信用してないんです

 特に僕の担当 あの人は駄目だ

 勉強ばかりしてきた大学出たての23~24歳の人にマンガの何が分かるんですか?」

◆「僕はこのやり方で ジャンプのトップに登り詰めてみせます」

◆「プライドって何ですか?

 プロトとしてのプライドだというのなら それは間違っていると思いますね

 どんな手をつかってもより人気を獲る

 より売れる作品を作る それがプロですよね?

 それを邪魔するプライド

 があるというのなら 普通に考えてそれはまだプロになりきれていないという

 事ですよ」

◆「3年以内に結果出さないと異動になりますよ」

◆「結果 欲しいでしょう? ヒット作 出したいでしょう?

このやり方なら確実にそのヒット作が出せるんです

僕のやり方でできないなんて情けないこと言うなら こっちからお断りだ

僕は他誌に行きます」

スポンサーリンク

-BAKUMANバクマン。

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

スポンサーリンク

副サイト一覧