ぼくだけがいない街

八代学のセリフ・名言

投稿日:

僕だけがいない街 4/三部けい(KADOKAWA)

◆「大人を動かしたのはお前だ 悟

 悟がとった勇気ある行動の結末が「悲劇」でいいはずがないだろう?

加代はもう…大丈夫だ」

僕だけがいない街 5/三部けい(KADOKAWA)

◆「小学校は今日で卒業だけど みんなまだまだ足りないことだらけだ

 それは僕もだ

 だけどその足りない「何か」を埋めていくのが

「人生」だと考える」

◆「善行も悪行も本質は同じ

人は自らの欠陥を補う為の行いに過ぎない」

僕だけがいない街 6/三部けい(KADOKAWA)

◆「君は「誘拐犯が居ると確信」して行動している」

◆「正直シビれたよ …君はまるで

未来でも見て来たかのようだ」

◆「悟 君が手にするのは「この街の平和」だ

 君が望んだ事そのものだろう?

 僕が手にするのは「僕の手による僕の為だけにある…死」だ

◆「僕はこの街を去る事にしたんだよ

  それで二人共ハッピーエンドさ。そうだろ?悟」

◆(力尽きて浮いている他のハムスターの上を

  渡り歩いて生き延びている一匹のハムスターがいた

 それは僕にとってカンダタの話よりも刺激的な光景で

 正直シビれた)

僕だけがいない街 8/三部けい(KADOKAWA)

◆(…悟!! 信じていたよ 君が僕に「与えてくれる」事を…!

これだ…この感覚 僕は今まさに 「生」というものを実感している!)

◆(君の行動は 僕に喜びを与えてくれる

 かけがえのないプレゼントだ…!)

◆「君が目標(ターゲット)だったのはその通りさ

 ただ僕にとって殺す意味っがあるのは…

 「他者の死に抗う」君だ

 記憶を取り戻した悟だ」

◆「期待を超えて…手の震えが止まらないよ

 ありがとう この幸せな瞬間を 僕は渇望していたんだ」

◆「君が僕を終わらせるのは困難な話だ

  だが君の目は言っている この困難も乗り越えると

 …僕はその目に魅了された…そして恐れたんだ

 聞かせてくれ 悟 君のその目に宿る 輝きの正体を」

◆「君の言う通り …ここで終わりにしよう

 僕が最後に手にするのは 悟と僕自身の「死」だ

 僕は僕の認めない物差しで裁かれる事を拒否する

 自分自身の手で「終わる」事を選択するよ

 そして悟 君が命と引き換えに手にする悟は…

「死」という形での僕の「終わり」だ…」

スポンサーリンク

-ぼくだけがいない街

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

スポンサーリンク

副サイト一覧