表現ストック

“寒さ”に関する表現 例

投稿日:2020年2月10日 更新日:

  • あまりの寒さに、目元に涙が滲む
  • 睫毛や髪の毛には霜が降り、すっかり白ずんでしまっている。
  • 足に手を触れると、氷のように冷たくなっていた
  • 息が詰まるような寒さ
  • 地平線彼方まで続く白銀。まるで白い砂漠だ。広大な凍土が、徐々に体力を奪ってちく。
  • 一歩進むたびに、手足から体温が抜け落ちていくような気がする。
  • ドアを開くと同時に倒れこんできた彼は、電気ショックを受けているかのように震えていた。
  • 寒さに反応するように、両肩に自然と力みが入る
  • 正常な手の感覚はどんなだったかーーそれを忘れてしまうほど、もう長い間手足の感覚がない
  • 暖炉の熱を身体が吸い取っていく
  • 赤黒い血液が白雪に点々と続いている。
  • 一夜にして全てが白氷に沈んだ。
  • 骨の芯にまで響く寒さ
  • 走れば走るほど、じわじわと広がっていく喉から胸にかけて走る痛み
  • 氷結した窓がビクともしない
  • 降り乱れる粒雪りゅうせつが、頰を真っ紅に染め上げる
  • 暖炉の熱が、全てを満たしてくれる
  • 火のぬくみに意識を預けるように眠りに落ちた。久々の安眠だった
  • 強烈な吹雪が、シャッターをガタガタと震わせる
  • つららのように冷たくなった指先
  • 互いの体温を貪るように身を寄せ合う
  • 凍てつく吹雪が、氷奴たちの気配を殺す
  • 殺意に満ちた大吹雪
  • アゴの震えを止めようにも全く止まらない
  • 寒さのあまり、身体に入る力が緩まない
  • 夜明けまでこの寒さと戦い続けなければならない
  • 荒野に散乱する凍死体。彼らの死に顔が、現実的な死を強く伝えてくる
  • 白銀の絨毯
  • 死にかけの火を、大勢の人間が取り囲んでいる
  • じわりじわりと、ブーツに浸透してくる雪解け水
  • 強烈な寒さが、正常な思考を妨げる
  • マグマのような怒りも、この寒さの前では冷え固まっていく
  • 暖炉の熱が皮膚に浸透してゆく
  • 針のような冷たさ
  • 柔軟な筋肉が、直線的な強張りを見せる
  • 霜によって真白く染め上げられた王城
  • 毛布が木板のように凍結している
  • 馬たちの白息も白い
  • 寒さのせいで、自然と眉根に皺が寄る
  • 苛烈な寒さに心が折れそうになる
  • 凍えた刃が、表面と衝突して折れる
  • 白銀のなかに紛れる、白い野獣
  • このまま動かなければ、この態勢のまま固まってしまいそうだ。
  • 体温を奪う大寒風
  • 空気が凍っている
  • 雪が鉛のように重たい
  • 氷点下が徐々に、メンバーの活力を貪っていく
  • 首回りが冷え切っている
  • 末端の冷えに歩く気力を奪われていく
  • 歩けば歩くほど遠ざかっているのではないかという錯覚に襲われる
  • 寒さが漠然とした不安を煽る
  • 硬直しっぱなしの筋肉に疲労を感じ始める
  • 誰もが吐くその白い息は、一つ残らずため息だった
  • 残ったこのわずかな蠟が無くなれば、いよいよ命も危うくなってくる
  • 氷洞を抜けるには半日以上の時間を要するだろう
  • 透明な氷が、鏡のように自分の姿を映している
  • 霜の降りた錨を上げる
  • 寒さのあまり、ついに鉄が破裂する
  • 割れた氷塊の上で焚き火をして漂い続ける 焚き火の下の氷が溶けていくので、数分おきに移動しなければならない
  • 家壁に当たるパチパチというあられの音が、不安と憂鬱を運んで来る
  • 裸の背中に、雪を押し当てられ、きゃあっ!とおもわず声を上げる
  • ナイフのような猛吹雪に、目も開けられない
  • その痛みが裂傷によるものなのか寒さによるものなのか、それすら分からないほど、ひどい痛みだった
  • アルコールのせいで体が火照っている
  • 雪がまとわりついてブーツが尋常でない重さになっている
  • 雪解け水が転々と二階に向かって並んでいる
  • 暴力的な寒さ
  • スープの入った鉄器の熱をむさぼる
  • 重い雪を寄せる作業で、肺がくうぅと痛む
  • 外にいるだけで、雑巾のように熱を搾り取られていくようだ
  • 廃墟の中は、白い静寂に包まれていた
  • 滑る地面。転倒しないよう、足に力を入れながら進んでいく。
  • 木の実に雪化粧が掛かっていた
  • 割れた窓ガラスから入った雪か、床一面を覆い隠していた
  • すっかり凍って硬くなった戸棚の四隅をガリガリと削る
  • 熱を感じたのは、もうはるか昔のことのように思う
  • 屋根下に書かれても、風に煽られた雪が垂直に降りかかってくる
  • 一日中鳥肌が立ちっぱなしだ
  • 木の表面が白く凍結している
  • 緑茶の渋さが残る
  • 首筋から背筋にかけて冷たい空気が駆け抜ける
  • 花火がはなつな色光(しきこう)が、白い雪を多彩に染め上げる
  • 緑が一つもない。白と水色と茶色だけの、不毛な景色だ。

視覚

  • 白く吹きすさぶシルエットの中に、
  • つるつるとした氷山が、朝焼けに照らされててかっている。

薄氷の上を距離を取りながら慎重に一人ずつ渡っていく

体覚

  • 唇に指先を当てる。まるで氷に触れているみたいだ
  • 彼女が両手を掴み、自分の頰に押し当ててくれた。その柔らかい頰は、温かかった。
  • 体を流れる血液すら冷水になったんじゃないかと思うぐらい身体が冷え切っていた
  • 寒さと恐怖による震えが、手元の照準を狂わせる

吹雪

  • 針葉樹のシルエットがわずかに見えるぐらいだ
  • 熱を根こそぎ連れ去っていく寒波
  • 世界の色を、一瞬で真っ白く染め上げる
  • その暴風で家が揺れる
  • 針葉樹が風圧で折れそうなぐらい曲がっている

水中

  • あまりの冷たさに目が開かない
  • 濡れた服がもう凍り始めている
スポンサーリンク

-表現ストック

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

スポンサーリンク

副サイト一覧