アルファベットの意味

アルファベット26文字のイメージや意味を解説!シンプル好きでムダが嫌い?永遠の二番手『B』

投稿日:2019年10月18日 更新日:

他のアルファベット記事↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

1.『B』の持つ”イメージ”とは?

◆『二番手』 ―――

アルファベットの二番目の文字”『B』”。

配列の通り、Bには『ナンバーツー』『二番手』

といった意味合いが込められています。

『プランB』というワードは、

メイン企画の”代替案“という意味合いで、

よく使われてますよね。

◆『男性』 ―――

『B』は“男性”の意味を含んでいます。

Boy(少年)という単語がある通り、

Bの文字からはどこか“男っぽさ“を感じ取れます。

他にも

brother(兄弟),

business suit(ビジネススーツ),

better(苦い)

など、

男性を連想させるような言葉はたくさんあります。

少し古い漫画ですが、BE-BOP-HIGHSCHOOLなども

男らしさ全開の作品です。

Brian(ブライアン)、

Bob(ボブ)、

Ben(ベン)など、

名前においても、『B』から始まるネーミングは、

いかにも男性を想わせます。

また、“男性の雄々しさ”から来る

Breake(破壊する)・Bom(爆発)など、

能動的な男性を表すような単語もあり、

破壊的“といった意味も持っています。

◆『シンプル・論理的』 ―――

『B』は、「モダン・シンプル」といったイメージを持っています。

ナルシストな『J』や、派手好きな『R』よりも

はるかに落ち着いたトーンを持っています。

遊び心がなく、無駄もない、少し乾燥してる感じ。

高層ビル(bill)からは、空の空間を有効活用するために

高く積み重ねているという理由があるように、

“無駄を下げて効率を上げる”といった、

シビアなイメージが浮き上がってきます。

お金の貸付・融資などを行いながら、経済を回す銀行(bank)なども

『B』からはじまってるように、

Bはとにかく“現実的な論理者”と言えるでしょう。

◆『膨張感』 ―――

『B』には、何かが膨らんでいく、拡張していく

といったイメージもあります。

balloon(風船・気球)、bom(爆弾)などなど…。

2.世の中には、どんな『B』がある?

代表例① 『B級映画』

低予算かつ、低クオリティで制作される映画。

製作工程が短く、内容もそれほど面白いとは言えませんが、

どうやらB級映画業界は、なぜかそこそこ儲かるらしく、

非常にビジネス的な側面も強い存在。

決して一番にはなれませんが、逆に絶対的二番目としての存在感を

確立しているとも言えます。

代表例➁『BIT COIN/ビットコイン』

3

一時期価値が急上昇し、儲かると大ブームとなった仮想通貨。


同じBを持つ、Microsoft創設者のビル・ゲイツは、

そのビットコインの流行を

「大馬鹿理論」と名付けたりと、今でもその名をに耳にする

この通貨も「B」から始まっています。

代表例➂『Bダッシュ』

ゲームのメジャータイトル『マリオシリーズ』の用語。

Bボタンを押すことで、操作するマリオたちが加速します。

あせあせと急ぐような、イメージが伝わってきます。

3.『B』の起源~そのルーツと成り立ち~

『B』の起源は“間取り図の一部”だったそうです。

3-2.表現の『B』

●【破裂】

Bを使った表現方法には、“破裂感”があります。

机をバンと叩いた時の音 (BAN!) や、

ボォオンといった爆発音 (BOOOM!!)

の発砲音(BAN!BAN!BAN!!)を表現する際にも用いられています。

●『Bの点字』

4.他にも『B』はいっぱいある!

■Bからはじまる『公用語』

●BI-ベーシックインカム

https://amzn.to/2oRPf9n

世間で騒がれている、

政府が国民に、最低限の生活を送れる現金を給付するという、

実現されると予想されている制度の名称。

無駄のない『B』と、貫徹的で知性のある『I』とがくっついた、

少し冷たいイメージのネーミング。

その他

  • BAN(アカウント排除措置)
  • BBQバーベキュー
  • BB弾(エアーガン弾の名称)
  • βテスト

■Bからはじまる『社名/ネットサービス』

BIG LOBE(インターネットエンジン)

https://www.biglobe.ne.jp/

yahooなどと並ぶ、有名なインターネットプロバイダの一つ。

●BOOKOFF ONLINE(本書宅配サービス)


BOOK OFF Online

全国各地に支店を展開している本のリサイクルショップ『BOOK-OFF』。

そんなbookoffの社名も『B』から。

●Banner Bridge(アフェリエイトサービス)

https://www.bannerbridge.net/

アフィリエイトサービスプロバイダの一つ。

入会するだけで500円もらえるので、登録しても損はないと思います。

その他

■Bからはじまる『有名な商品/モノ』

●Bambooシリーズ(ペンタブレット)

ペンタブレットの大手企業Wacomが発売しているBamboo。

ちなみにBambooの単語の意味は”竹”。

ボールペンで紙に書いたものを、すぐに電子化してくれるBamboo Slate

などは、アナログでのイラスト製作を好む、当ブログ主も愛用。

●Bisco(お菓子)

『おいしくてつよくなる。』

というキャッチコピーと、昭和風の子供イラストが印象的な、

グリコの定番商品。

カンパンなどと同じように、保存食としても重宝されている。

●BAGOOOON/バゴーン(インスタント焼きそば)

日清 焼そばU.F.O. など並ぶ、カップ焼きそば業界の

メジャー商品。

何かが飛び出して来るような膨張感を感じます。

その他

  • BigMACビックマック(マクドナルドの商品)
  • Black Thunderブラックサンダー(チョコレートバー)
  • Blueberry eye(わかさ生活の商品)

■Bからはじまる『ゲーム』

●『BATTLE FIELD』シリーズ(対戦型FPS)

多人数プレイが可能な、オンラインFPSゲームのメジャータイトル。

同じく対戦FPSシリーズでしのぎを削っている、CALL OF DUTYシリーズより

も、弾道の物理シュミレーションがリアルに近く、

現実の戦場で戦ってるかのような臨場感を味わえます。

●『BIOHAZARD』シリーズ(サバイバルホラー)

ゾンビや奇怪なクリーチャーがプレイヤーの行く手を阻む、

ホラーアクション“の有名どころ。

『B』の他に、

終焉(Zi End)を表す『Z』や、

死(Death)を連想させる『D』が入っていたりと、

ゲーム内容とタイトルが非常にマッチしているように思えるこのシリーズも

始まりは『B』から。

●Blood borne(ダークファンタジーアクション)

『デモンズソウル』『ダークソウル』『隻狼SEKIRO』などの

『フロム・ソフトウェア社』が贈る、

鬼畜系アクションゲームの一柱。

PS4が世の中に普及し始めて間もない、2015年3月ごろに発売され、

当時はそのグラフィックの高さが話題を呼びました。

●『Boku no Natsuyasumi/ぼくのなつやすみ』シリーズ(アドベンチャー)

「ぼくなつ」の愛称で知られる夏休みアドベンチャーゲーム。

Boyが入っている。

少年のあの頃に戻って、童心を思い出せる――。

そんな懐かしさを味わえる1作です。

その他

  • 『BAYONETTA/ベヨネッタ 』シリーズ
  • 『BLAZBLUE / ブレイブルー』シリーズ
  • 『Bomber man/ボンバーマン』シリーズ
  • 『COD Black Ops』シリーズ

■Bからはじまる『映画』

●『Back to the future』シリーズ(SFアドベンチャー)

巨匠・スピルバーグ監督の代表作。

怪しい科学者ドクと、彼を慕う主人公マーティーが、

タイムマシン(デロリアン)に乗って、

過去や未来を行ったり来たり。

時代を経ても色褪せない、SF映画の大傑作です。

●『BLACK PANTHER』(ヒーローアクション)

Mavel studio(マーベルスタジオ)が贈る、アフリカ初のヒーロー映画。

科学超大国ワカンダの王ティ・チャラを主人公に、

国の在り方をめぐる戦いが勃発する。

●『BATMAN』シリーズ(ダークヒーローアクション)

DCコミックスが生んだ、世界的ダークヒーロー『BATMANバットマン』。

コウモリがモチーフのスーツを身にまとい、

ゴッサムシティに巣食う悪と戦い続ける。

イメージの黒(Black)も『B』から始まっています。

その他

  • Blade Runner/ブレードランナー
  • Blade /ブレイド

■Bからはじまる『アニメ・マンガ・特撮』

●BAKUMAN。

『DEATHNOTE』の大場つぐみ&小畑健が贈る、

『漫画による漫画家の漫画』。

絵の才能を持つ「真城最高」と、

文章に自身のある秀才「高木秋人」のコンビが、過酷なマンガ道を

駆けあがっていく成功物語(サクセスストーリー)。

●BLEACH

死神をモチーフとしたバトル漫画。

主人公の黒崎一護を筆頭に、個性豊かな死神が登場し、

現れる強敵との戦いに挑んでいく。

自らの精神を映し込んだ刀『斬魄刀』を用いた戦いを、

久保帯人氏の圧倒的画力で描き出された大ヒットマンガ。

●BECK/ベック

平凡な日々に辟易していた主人公の田中幸雄が、

音楽と出会い、仲間たちと出会い、険しき音楽業界を突き進んでいく。

その他

  • BERSERK/ベルセルク
  • BLAME!/ブラム
  • B-PROJECT/ビープロジェクト
  • BEASTERS/ビースターズ
  • Black Bullet/ブラックバレット
  • BRAVE STORY/ブレイブストーリー
  • Bug’s Life/バグズライフ

■Bからはじまる『ドラマ』

●Mr.BEEN(コメディドラマ)

1990年代に、イギリスにて放映されていたコメディーTVドラマ。

Mr.BEENを演じるローワン・アトキンソン自体が、

脚本執筆も務めている。

●BOSS(刑事ドラマ)

天海祐希演じる大澤絵里子が、個性的なメンバーを率いて

事件を解決する、フジテレビ系のサスペンスドラマ。

2009年に放送がスタートし、シーズン2も制作された。

その他

  • BONESボーンズ/骨は語る
  • Black Pean/ブラックペアン

■Bからはじまる『音楽』

●B`z(アーティスト)

男性視点が強い歌詞と、激しいメロディーが特徴的な

ロックバンド。

その他

  • Beyoncé/ビヨンセ
  • B.B.KING/ビー・ビー・キング
  • BECCA/ベッカ

●BEATLES/ビートルズ(ロックバンド)

伝説のロックバンド。

Bから始まるグループ名のイメージと同じく、全員が”男性”で構成されている。

■Bからはじまる『場所・観光地』

●Britain/イギリス(国家)

イギリスと言えば、

“食に対する興味が薄い”ので“料理がマズイ”

という風説が有名ですが、

まさにムダを省く『B』の意味合いと文化がマッチしてます。

●ブラックメールボックス(観光スポット)

アメリカのエリア51に存在していた、黒く塗られた謎の郵便受け。

オカルトスポットとして観光名所とされていたが、

現在は謎の消失を遂げています。

その他

  • Boston/ボストン(アメリカの都市)
  • Brasil/ブラジル(国名)

■Bからはじまる『乗り物』

●ビートル(フォルクスワーゲン)

1938年から、ドイツのフォルクスワーゲン社より製造がはじまり、

多くの人々が乗ったと言われている伝説的な大衆車。

『カブトムシ』の異名を持つ。

■Bからはじまる『著名人』

●Bill Gates/ビル・ゲイツ(実業家)

Microsoftの創業者であり、世界のコンピューター業界を席巻した、

まさにITの申し子的存在。

Netflixでは、彼に密着するオリジナルのドキュメンタリー番組が

配信されている。

●Brian/ブライアン(Youtuber)

さまざまモノマネやパロディを持ちネタに、

少し卑猥な芸を持ち味とする、vine発のハーフ系Youtuber。

独特のユーモアセンスは、一度見たらクセになります。

公式チャンネル: https://www.youtube.com/channel/UCpZnHxjKCAOm-FKPrYYi-LA

●BOBBY OLOGUN/ボビー・オロゴン(タレント)

ナイジェリア出身のタレント。

現在は芸能活動だけでなく、不動産業などにも着手している。

●BECKHAM/ベッカム(サッカー選手)

イングランド出身の有名サッカー選手。

その他

  • Becky/ベッキー(タレント)
  • Bruce Lee/ブルース・リー(武術家・俳優)

5.次の記事

次の記事を見る→『C』編

6.参考文献:

【Amazon】英国人デザイナーが教えるアルファベットのひみつ

レビュー

アルファベット”一文字ごと”に、細かい解説が載っています。kindle版もあるのですぐにダウンロードして手軽に読めちゃいます。

スポンサーリンク

-アルファベットの意味

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

スポンサーリンク

副サイト一覧