アルファベットの意味

アルファベット26文字のイメージを解説!死や危険を連想させる、衝撃づくりの天才『D』

投稿日:2019年10月19日 更新日:

他のアルファベット記事↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

1.『D』の持つ”イメージ”とは?

◆『インパクト・衝撃性』 ―――

Dには、『衝撃(インパクト)』を与える効果があります。

爆発音(DOOM!!)

衝突音(DOON!!)

落下音(DOON!!)

『D』がつく音に、人はついつい注意を取られてしまいます。

交通事故が起こったり”、

“ドアを強く叩かれたり”、

“重いものが落ちたり”すれば、

反射的に人は反応せざる負えません。

なにか注目を集めたい!そんなタイミングで『D』は大きく役立ちます。

◆『機能性』 ―――

『d』の付く単語には、“機能”の意味合いが含まれています。

例えば携帯デバイス(device)には通話機能からカメラ機能までついてますし、

車のハンドルには、車に“方向転換を促す機能”が、

皿(dish)には、上に“料理を乗せて運ぶ機能”があります。

『D』が入ることで、その何かには”機能性”が備わることがあります。

◆『死・危険・闇』 ―――

『D』は、DEATH(死)という単語があるように、

“死に関連するアルファベット”です。

人の生死を分ける職業である“医者”も、

英訳すれば『Doctor』となるように、『D』が頭文字になっています。

そのため、死に近づくようなDanger(危険)なものには、

『D』の付くものが多いです。

※drag(薬物)、dope(麻薬) 、dive(飛び降りる)など。

また、死に関連していることから、

dark(闇)devil(悪魔)といった暗い、闇を想わせるイメージが

付随することもあります。

◆『決断』 ―――

Dには“大きな決断”を表す効果があります。

戦時中のアメリカでは、戦略上重要な行動を起こす日時のことを、

しばし『D-DAYディーデイ』と呼称していたそうです。

第2次世界大戦中に行われた“ノルマンディー上陸作戦”などがその例に

当たります。

また、組織のトップのことを、『首領ドン』と呼ぶように、

大きな決断をする者や出来事などには、『D』の響きが介在しています。

プライベート・ライアン [Blu-ray]

スピルバーグ監督が 『ノルマンディー上陸作戦』を描いた、

名作ミリタリー。

◆『過激・大きな刺激』 ―――

『D』は、“過激”を表します。

車の業界用語に”drift”(車の後輪を滑らせて回る走法)という言葉が

あるように、人の刺激を求める性質を強調するような、

そんな強烈なイメージも際立たせる事ができます。

『世界一辛いソース』として有名な

『デスソース(Death sauce)』

なんかはいい例ですね。

2.世の中には、どんな『D』がある?

代表例① 『DMM.com』

日本でも有数の、大手ECサイト。

動画サービスやオンラインゲーム事業においてすさまじい業績を上げている。

映画、ドラマ、バラエティ、アダルトなどが 月額500円程度で見放題の見放題chライトなどといった動画配信サービスなども行っています。

代表例① 『DRAGONBALL』

鳥山 明氏が描く、王道バトルの金字塔。

不滅不朽のこの作品も、始まりは『D』。

絵のタッチはポップであるものの、登場人物の”死”が

少年誌にしては多く、

地球が壊れる規模の戦いを繰り広げたりといった、

“危険や破壊性”、そして“衝撃”が次々続く内容は『D』から始まるタイトルに

フィットしているように思える。

ちなみに鳥山先生が携わる作品には、

『Dr.スランプ』 や 『DRAGONQUESTドラゴンクエスト』

など、『D』タイトルが多い。

代表例③ 『DaiGo/メンタリスト』

2010年代初期にパフォーマーとして活動を始め、

現在はYoutubeやニコニコ動画での動画配信、作家活動などを主に

活躍を続けるDaiGoさんも、名前のはじまりは“D”から。

DaiGoさんの『D』は、死や刺激的といった意味よりかは

“機能”といった意味合いのほうが

強いかもしれません。

海外の有名大学の研究データを元にした、確かなソース情報を提供してくれる

DaiGoさんは、ある意味自分自身

“役立つ情報を発信する機能”として、提供しているのかもしれません。

youtube公式チャンネル: https://www.youtube.com/channel/UCFdBehO71GQaIom4WfVeGSw

ニコニコ公式チャンネル: https://ch.nicovideo.jp/mentalist?player_icon

3.『D』の起源~そのルーツと成り立ち~

『D』の起源は“入り口”だったそうです。

3-2.表現の『D』

●【大きな衝撃】

日本で最も売れている漫画・『ONEPIECE』。

そんなマンガ内で最も登場する効果音が、

『ドン!!』

ですよね。

“登場人物の決断シーン”や、“大きな衝撃”

起こった際などに使われています。

●『Dの点字』

4.他にも『D』はいっぱいある!

■Dから始まる『公用語』

●DEA―Drug Enforcement Administration―(アメリカの麻薬取締局)

アメリカに存在する、麻薬捜査に特化した組織で、

海外からの薬物流入や、国内での蔓延を防ぐのを主としている。

その他

  • DB(データベースの略称)

■Dから始まる『社名/ネットサービス』

●dwango(IT企業)

動画サイトニコニコ動画などを運営している、日本のIT関連企業。

DWANGOの6文字は、

Dial-up(ダイヤルアップ)  

 Wide(広い) 

 Area(範囲)  

 Network(通信網)

  Gaming(ゲームをする)  

Operation(操作・運転) 」

という単語の頭文字をとっている。

●Dyson(掃除機メーカー)

イギリス発の、電子機器メーカー。

サイクロン式掃除機などが有名だが、

ハネの無い扇風機や、

熱に頼らないドライヤーなども有名。


●docomo(通信サービス企業)

公式web: https://www.nttdocomo.co.jp/

auやsoftbankなどと並ぶ、携帯通信サービスの大手。

動画配信サービスのdTVや、

音楽ストリーミングサービスのdヒッツなど、

様々なオンラインサービスを展開している。

●DISCORD/ディスコード(通話チャットアプリ)

公式ダウンロードサイト:https://discordapp.com/

世界中で使用されていたskypeを、飛ぶ鳥を落とすような勢いで

乗り越えていった新たな無料の多人数通話アプリ。

skypeと違い、playstationやsteamなどのゲーム会社とも連携しており、

プレイしているタイトルなどが、登録フレンドに伝わる機能など、

その“機能性”はかなりのもの。

●DOMDOMハンバーガー(ハンバーガーショップ)

マクドナルドやモスバーガーなどと並ぶ、

ハンバーガーチェーン店。

ドムドムッ。といった衝撃と、重たそうなゾウをモチーフとした

『D』でありながら、どこかソフトでやさしい印象を受けます。

●ドン・キホーテ(ディスカウントストア)

ドンドンドン、ド~ンキ~♪

ドンキィ~・ホーテェ!!

そんな店内メロディーが印象的なディスカウントストア。

名前の衝撃性“もさることながら、

やはりその“提供価格にも衝撃“を受けますよね。

●ドミノ・ピザ

ドミノ・ピザ【PC向けサイト】

ピザを一枚頼めば、サービスで別のピザもついてくるという、

太っ腹すぎるサービスが印象的なドミノ・ピザ(Domino’s Pizza)も、

『D』から始まっています。

届くボリュームの衝撃で、ドミノのように倒れないように。

その他

  • Dellデル
  • Disneyディズニー
  • Discovery Channelディスカバリーチャンネル
  • DUSKINダスキン

■Dから始まる『有名な商品/モノ』

●ドリトス

カルビー傘下のジャパンフリトレー社から発売されている

トルティーヤチップス。

トウモロコシの残り香と、

歯ざわりの良いチップスの食感に

手が止まりません。

●スカルプD(育毛シャンプー)

アンファー社が発売している、男性用育毛シャンプー。

値段は他のシャンプーよりも少しお高め。

●デカビタC/DEKAVITA C

いかにも刺激的なパッケージが目に痛い、

エナジードリンク系飲料。

美味しく飲みながら、でもビタミンも摂取できるという

Dの持つ”機能性“と、Cの持つ”簡易性”とが融合した、

調和されたネーミング。

■Dから始まる『ゲーム』

●DSシリーズ(車種)

任天堂から発売された、タッチ式ゲームハード。

発売当初は、画面にタッチできてしまうという

驚異の“機能”に、世間に“衝撃”が走りました。

●DEATH STRANDING

Amazonで予約注文

海外ドラマ「WALKING DEAD」で一躍有名となった

ノーマンリーダスをモーションアクターに起用した、

ジャンル不定の話題作。

ゲーム開発の監督を務めるのは、メタルギアソリッドシリーズなどで

有名な小島秀夫。

●『DEAD RISING』シリーズ(ゾンビアクション

DEAD RISING 2Amazonで購入

DEAD RISING 4 Amazonで購入

内容を一言で言い表すなら、“ゾンビ無双”。

ゾンビゲームでありながら、あまり怖さを感じない、

コメディーチックなテイスト。

様々なアイテムを組み合わせて武器を作成し、

ゾンビをバッタバッタ倒していくのは”爽快の極み”。

●Dead by daylight(対戦サバイバルホラー)

プレイヤーが殺人鬼と逃走者に別れて

殺されないように逃げのびる、

“死の鬼ごっこ”といった内容のゲーム。

グロテスク描写も多く、プレイから受ける刺激も強い。

●『DRAGON QUEST』シリーズ(RPG)

キャラクターデザインに鳥山明を起用した、

日本のトップRPGタイトル。

テーマ曲は、誰もが一度は耳にしたことがあるはず。

●『DARK SOUL』シリーズ(ダークファンタジーアクション)

高い難易度で有名な、大ヒットアクションRPG。

ダークファンタタジーのような世界観のなかで、

現れる強力な怪物たちとの死闘を楽しめる。

●『Devil Mey Cry』シリーズ(アクション)

アクションのスピード感が魅力の、スタイリッシュアクションゲーム。

悪魔をテーマとする世界観。

●『ドンキーコング』シリーズ(アクション)

ゲーム業界で最も有名なゴリラと言えば、

ドンキーコングを除いて他にないでしょう。

タルの中に入って射出されたり、胸を叩いてドラミングしたりと、

ゲームの中に様々なインパクトあるギミックが多数登場する。

●『DETROIT』(アクション・アドベンチャー)

アンドロイドをテーマとした、サイバネティックな世界で

繰り広げられるアクションアドベンチャーゲーム。

人間とは何か、アンドロイドとは何か、―――

その存在意義を問いかけられるような、重厚なシナリオは

プレイする価値ありの内容。

その他

  • 『DISSIDIA FINAL FANTASY』シリーズ
  • 『Dragons Dogma』シリーズ
  •  DAYS GONEデイズゴーン
  •  DOOMドゥーム

■Dから始まる『映画』

●ダークナイト(アクション)

今は無きヒース・レジャー(俳優)の怪演が光る、

バットマンシリーズの第二作目。

“強烈さ”とともに“死をもたらす”

ジョーカー”は、インパクト十分の存在感です。。

●ダンボDUMBO

“ディズニーが描く象さん”こと「ダンボ(DOMBO)」

前述のDOMDOMハンバーガーも象をモチーフに使っているように、

「D」と「象」には、どこか共通点があるのかも?

●DIE HARD/ダイハード

アクション映画の不朽の名作。

主人公ジョン・マクレーンが、たった1人で

テロリスト集団に立ち向かうハラハラ感は、

何度見ても沸き立ちます。

●Doctor STRANGE/ドクター・ストレンジ

MCU(マーベルシネマティックユニバース)に登場を果たし、

ついに実写映画化。

魔術の戦闘シーンは圧巻ですが

“不老不死”や”時間”など、死に関するテーマも多かった映画です。

●DEER HUNTER/ディア・ハンター

ベトナム戦争をテーマにした、ロバート・デ・ニーロ主演の

名作映画。第51回アカデミー賞を受賞した。

その他

  •   DARK SHADOWSダークシャドウ
  •  Day After Tomorrowデイ・アフター・トゥモロー
  • Da Vinci Codeダ・ヴィンチ・コード
  •  DEADPOOLデッドプール

■Dから始まる『アニメ・マンガ・特撮』

●DCコミックス

スーパーマンやバットマンなどの有名アメコミヒーローが

軒を連ねるアメリカのマンガ雑誌。

同じアメコミの MARVELに比べると、

やや暗くて大人っぽい世界観を持っている。 。

●D.Gray-man/ディーグレイマン

エクソシストと兵器AKUMAとの戦いを描いた

“ダークファンタジー”。

●DEATH NOTE/デスノート

名前を書いただけで人を殺せる殺人ノートを拾った、

主人公・夜神月。

新世界を築くため、正義の名のもとに犯罪者に

死の裁きを下していくが、月の野望を阻止するように

敵対勢力が次々に現れる。

とにかく”強烈な設定”が光る一作です。

●Decade/仮面ライダーディケイド

平成仮面ライダー10周年記念で誕生した、

“これまでの平成ライダー全てに変身できる”

という衝撃的な能力を持っている。

ちなみにDecadeは「10年」という意味の英単語。

●High School DxD/ハイスクールD×D

ちょっぴりHなライトノベル。

扱っているテーマが“悪魔”であり、主人公もよく“死にます”

●『DIGIMON/デジモン』シリーズ

●Initial D/頭文字D

その他

  • Dinosaurダイナソー(アニメーション映画)
  • DOGDAYS/ドッグデイズ
  • Doraemon/ドラえもん
  • DRIFTERSドリフターズ
  • Dr.STONE/ドクター・ストーン
  • DURARARA!!/デュラララ!!
  • DEN-O/仮面ライダー電王
  • Dekaranger/特捜戦隊デカレンジャー
  • 電脳コイル
  • デッドデッドデーモンデデデデデデストラクション

■Dから始まる『ドラマ』

●DOCTOR WHO/ドクター・フー

●Densha Otoko/電車男

●DAMEGES/ダメージ

■Dから始まる『音楽』

●デスメタル(曲ジャンル)

●D-51

●DOES

■Dから始まる『場所・観光地』

●道頓堀(大阪の街)

●ドミニカ共和国(国名)

■Dから始まる『乗り物』

●デイズ(日産)

●デミオ(マツダ)

●デリカ(三菱)

■Dから始まる『著名人』

●ダルビッシュ有(野球選手)

https://www.youtube.com/watch?v=xr6moAVb8No

日本を代表するメジャーリーガー。

投げる球は、とても人間技とは思えない速さです。

●DEENフジオカ(俳優)

NHKドラマ「あさが来た」への出演から火がついた、

イケメン俳優。

5ヶ国語を話すマルチリンガル。

●ダチョウ倶楽部(お笑いトリオ)

日本のリアクション芸のレジェンド。

絶妙なリアクション芸で、周囲に笑いのインパクトを起こします。

その他

  • Date Masamune/伊達政宗
  • DetonatioNデトネーション(プロゲーマーグループ)

5.次の記事

次の記事を見る→『E』編

6.参考文献:

【Amazon】英国人デザイナーが教えるアルファベットのひみつ

レビュー

アルファベット”一文字ごと”に、細かい解説が載っています。kindle版もあるのですぐにダウンロードして手軽に読めちゃいます。

スポンサーリンク

-アルファベットの意味

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です