修辞技法

『同語反復』の解説とその例

投稿日:

wikipediaの解説(引用)

➀同じ言葉を二度用いることで、語気を強める用法。

  • それはそれ、これはこれだ。

  • まあ約束は約束だ。したからには守らないとな。

オリジナル例

「俺」は「俺」。「おまえ」は「おまえ」。

どんな小さいな生物を殺したとしてもやはり「殺し」は「殺し」だ。

ああ「うるさい」。「うるさい」んだよおまえは。

「当たり前」と言えば「当たり前」か

髭も「長い」けど、うんちくも「長い」わね。

「どこか」嬉しそうで、「どこか」寂しそうだった

スポンサーリンク

-修辞技法

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

スポンサーリンク

副サイト一覧