表現系 修辞技法

『省略法』の解説とその例

投稿日:

wikipediaの解説(引用)

➀文章や会話の一部を省略すること。

➁内容を短縮する目的で使われることが多い。

くびき語法もその一種。

➃文学の技法として、余韻を残し、読者に続きを連想させる意図としても用いられる。

➄専ら、省略した部分にはダッシュやリーダーが使われる。

  • 彼の暮らしぶりはとても贅沢だ。高級外車、腕時計、宝飾品、そして瀟洒な邸宅…。

相手の贅沢な暮らしぶりの一例を列挙しているが、敢えて全部挙げる必要が無いため、めぼしいものだけを採り上げており、同時にその相手に対して、強い感嘆を訴えている。

  • あいつほどいい奴はいなかった。…なのに、なんであんな喧嘩をしたのだろう。

文脈の上では、リーダを省略しても意味は通じている。しかし、敢えてリーダを入れることで、その間に主語の人物が抱いている悔恨、困惑の念を読者に訴えかける仕組みになっている

  • 戦争ですっかり燃え尽きた街―。―あれから数十年、あの頃を知っている者は少なくなった―。

ダッシュが頻繁に用いられる例。ダッシュで被災都市の経歴、さらにそこから抱いた作者の感情全てを省略しており、より強い感情を読者に訴えるようになっている。

オリジナル例

  • 彼の研究所には無いものがない。 広大な草原 多種多様な生き物たち 大きな研究室…
  • 今にも倒れてしまいそうな老婆だった。しわがれた声‥落ちくぼんだ瞳‥ボロボロの装束…。 
  • あんなに助けられてきた。‥なのに、どうしてあんな事言ってしまっ‥あいつ今…どうしてるだろう‥
  • 打ちこまれる無数の拳…蹴り込まれる幾千の蹴り…繰り返されること数時間‥‥
  • 春…夏…秋…冬…――そして再び新年が…
  • その水族館には ほとんどの水生生物が 揃っていた 。サメ、トビウオ、サンマ…。
  • 他にもたくさんの文房具が 机の上に放置されている。消しゴム…鉛筆…定規…
  • 扉は閉ざされた…それから200年の時が過ぎ去り…。
  • どんどんと大きさを増す岩つぶてが襲ってくる。小石…岩…岩石…。
  • サバンナを思わせる広大な空間…、天に届きそうな高い天井…何十万もの観客を収容できそうな客席…
  • 世界は終わってしまった…そして今、わたし だけが 生きている。
  • おいしい…なのにどうして虚しいのだろう。
  • 仲間と別れてから二年…みんなはここに到着しているだろうか。
  • 待つこと5時間が経過した…だが彼女はまだ…
  • 彼女の美に対しての執着は異常だ。豊胸、皮膚のばし…。
  • USJは超巨大テーマパークだ。MIB、ターミネーター、バイオハザード・・ハリーポッター…。
  • 優勝カップを手に入れた‥‥なのにどうしてだれも喜んでいない…?
  • 作戦は成功したと聞いた‥‥でも‥‥この喪失感はいったい‥‥
  • 彼女と付き合い始めて二年――でも最初は乗り気じゃなかった
  • 銀河系を二つ越え――三つ越え――数億個もの銀河系を超えた―――そして私はたどり着いた…
  • ABCDEF・・このあとは誰だって言えるだろ?小学生だって言える。
  • ミサイル、地雷、軽機関銃…彼らの要塞には他にも強力な兵器がいくつもあるんだ。
  • 彼が逃げた…?そんなどうして?どうやって逃げたんだ?あの堅牢な牢獄から。
  • すべてを成し遂げた・・なのに…なにも起こらなかった。
  • 開戦から5時間が経過―――ついに その時が やってきた。
  • 四年間の大学生活を終えて―――僕は…そう思った。
  • 金具が外れた、プロペラの軸が捻れた、油を入れすぎた、チェーンが飛んでいった‥‥。おそらく数分後には墜落するだろう。
  • 皿を一度に20枚割る…会計を万単位で間違える…お客様にスープをかける…君の失敗を挙げたらキリがない。毎年多くのバイトの子を見てきたが、キミほど優秀な子は見たことが無いよ。
  • 三年間死に物狂いで追いかけ続けた――― でも、それをみつけることはできなかった。
  • つまり―――あいつが犯人だと?
  • 親善大使、翻訳家、宇宙技工士…彼の持つ肩書きを上げるのはキリがない。
  • 鋭利な爪…ナイフのような牙…強靭な筋力…刀のような‥‥彼は全身が武器のようなものだ。
  • また負けた…それでも…まだやるさ。
  • 奴が脱走した・・いや、ありえないだろ
  • 幾千もの時を超えた―――そして、彼女のもとにたどり着いた。
  • 実験開始から35分が経過…依然としてサンプルに変化は 見られない
  • 惑星二個、別荘4つ、経営ビル3件‥‥その他もろもろ…彼の所有する財産は銀河級だ。
  • 玄関先で転ぶ…激しい通り雨に打たれる…財布をスラれる…ほかにも…etcとにかく今日は散々だった。
  • 彼が死んだ。…正直まだ、信じられない。
  • 手は動く…まだ、戦える・・・。
  • 20年後の未来から――そして、現代にやってきた。
  • 心肺停止から20分後―――医師の口から死亡時刻が告げられた。 
  • ソファ、バーカウンター、大型モニター…彼のリビングにはあらゆるものが揃っていた。
  • アーサー、ベンジャミン、ジャック…他にも そうそうたるメンバーが集結していた。
  • 準備はできてる‥‥そろそろ…かな…
  • 街が壊滅してから30年---もうあの日覚えている者なんていないと思ってった。

スポンサーリンク

-表現系, 修辞技法

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

スポンサーリンク

副サイト一覧