修辞技法

『体言止め』の解説とその例

投稿日:

wikipediaの解説(引用)

➀ 体言(名詞・名詞句)で文章を終えること。

➁ 言い切らずに、文の語尾に付ける終止形を省き、体言で止めて、強調させたり、余韻を残す効果がある。

普通の文●温泉旅行に行ってきました。
     なんといっても最高だったのは、
露天風呂から見える夕陽でした。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


体言止め●温泉旅行に行ってきました。
     なんといっても最高だったのは、露天風呂から見える夕陽。

オリジナル例

●彼女が消えた。 ⇨ 『消えた彼女』

●彼女が消え、カバンだけが残されていた。 ⇨ 『消えた彼女』と『残ったカバン』

●海岸が美しい。 ⇨ 『美しい海岸』

●父が自転車をくれた。 ⇨ 『父がくれた自転車』

●見えてきたのはボロい倉庫だった。 ⇨ 見えてきたのは『ボロい倉庫』

●目的地は海だ。 ⇨ 『向かうは海』

●金が一番大事だ。 ⇨ 『一番大事なのは金』

●ヤツは根っからの怪物だった。 ⇨ 『ヤツは根っからの怪物』

●おじいさんがそう言った。 ⇨ 『そう言った おじいさん』

●彼は突然現れた。 ⇨ 『突然現れた彼』

●謎の宇宙の秘宝です ⇨ 『謎の宇宙の秘宝』

●犠牲者は約2000人にも登った ⇨ 『犠牲者は約2000人』

●黒色のクマです ⇨ 『黒色のクマ』

●血のような赤色の空だ。 ⇨ 『血のような赤色の空』

●大理石のように白い刃だ ⇨ 『大理石のような白い刃』

●今から楽しみの猥談が始まるぞ ⇨ 『いま始まる、楽しみの猥談。』

●紅蓮の氷が、彼の身体を纏っていた ⇨『彼の身体を纏う、紅蓮の氷』

夕焼けが真っ赤に染まっている  ⇨ 『真っ赤に染まった夕焼け。』

美味しそうな弁当だけじゃなく、隣には美女もいる。 ⇨ 『美味しそうな弁当。おまけに隣に美女。』

●石碑が荘厳さを纏い、そそり建っている ⇨『そそり立つ、荘厳を纏いし石碑』

●恐怖に身の毛がよだつ ⇨ 『目の毛のよだつ恐怖』

●恐怖が積み重なっていく ⇨ 『積み重なっていく恐怖

●夜空に浮かぶ星空は美しい  ⇨ 『美しい夜空に浮かぶ星空』

●ピエロが狂っている ⇨ 『狂ってるピエロ』

●オムライスは美味しい  ⇨ 『美味しいオムライス』

●愚者の剣が壁に刺さっている ⇨ 『壁に刺さった 愚者の剣』

●乙女心は四六時冷めることはない ⇨ 『四六時中冷めることない乙女心』

●焦燥が 絶えず 迫り来る  ⇨ 『絶えず 迫り来る 焦燥』

●彼女の小麦色の肌は美しい ⇨ 『彼女の 美しい 小麦色の肌』

●いっこうに熱下がらず、汗は吹き出続けている。 ⇨ 『いっこうに冷めない高熱。吹き出し続ける汗』

●彼の持っているという黒い心臓です ⇨ 『彼の黒い心臓』

●怒りはいっこうに冷めない  ⇨ 『冷めぬ怒り』

●真黄色のジャージがおかれている。 ⇨ 『置かれた真黄色のジャージ』

●その金属は美味だ。 『美味な金属』

●灼熱に肌が焼けそうだ。 ⇨  『肌の焼けそうな灼熱の下』

●肌は小麦色だ。 ⇨ 『小麦色の肌』

●巨大蜂が幾千も迫っている。 ⇨ 『迫りくる幾千もの巨大蜂』

●よく見えない世界だ。 ⇨ 『見えぬ世界』

●ハンドルが回らない。 ⇨ 『曲がらないハンドル』

●その剣は、血塗られていた。 ⇨ 『血塗られた剣』

●新しいカレンダーが立て掛けられている。 ⇨ 『立て掛けられた新しいカレンダー』

●地図はもうボロボロだ。 ⇨ 『ボロボロの地図』

●猛牛が暴れ回っている。 ⇨ 『暴れまわる猛牛』

●惑星が凍結していく。 ⇨ 『凍結する惑星』

●残響がほとばしっている。 ⇨ 『ほとばしる残響』

●新しい世界の幕が開いたのだ。 ⇨ 『幕開ける新たな世界』

●世界は美しい ⇨ 『美しい世界』

●電池は古びている ⇨ 『古びた電池』

既存例

グルート(映画:ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー)

「ぼくはグルート」 

※普通だったら…「ぼくはグルートです」

ソードアートオンライン(原作小説より抜粋)

「またの名を ソードアートオンライン―――」

※普通だったら…「またの名をソードアートオンラインと呼ばれている」

スポンサーリンク

-修辞技法

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

スポンサーリンク

副サイト一覧